2015年01月04日

2000円!海外(中国)でiPhoneをSIMロック解除して使う方法

中国でiPhoneを使いたいんだけどどうすればいいの?という方もいらっしゃると思います。

IMG_1879.JPG

私が持って行ったのはソフトバンクで買ったiPhone4sです。しかしSIMロックがかかっていますので、このままでは中国のSIMを差しても使えません。そこでSIMロック解除する必要があります。

SIMロック解除方法は幾つかありますが、私が使った方法をご紹介しましょう。それは、SIMロック解除キットを使う!

いわゆるSIM下駄ですね。この方法は脱獄することなく一番安くお手軽にできる方法です。
載せて差すだけという初めてでも簡単にできるのも魅力的♪

私が使ったのはKingmobile 【SIMロック解除アダプタ】 iOS8対応 ソフトバンクiPhone4S専用 Smartking-sbです。

ちなみにiPhone4SのSIMロック解除キットソフトバンク用とau用の2種類あります。
Amazonの商品ページで選べるようになっていますのでご注意ください。

☆iPhone5の方はKingmobile iPhone5専用Smartking ホワイト

☆iPhone5s/5cの方はBlueSea Kingmobile iPhone5S/5C専用 SmartKing5SC 6038

☆iPhone6/6Plusの方はBlue Sea iPhone6/6Plus専用 Smartking6


以下にその手順を書きます。

●日本ですること

1.日本でSIMロック解除アダプタを買っておく
中国でも買えないことはないですが、日本で買うのが一番簡単です。
また中国では偽物を買わされることがあるとの情報もあり、私は日本のアマゾンで買いました。

SIMロック中のiPhoneとSIMロック解除アダプタを持っていざ中国へ!

●中国ですること

1.現地の携帯ショップに行く

さてどの携帯キャリアが良いのでしょうか。
まず知っておきたい点として、中国の携帯電話キャリアは3つだけです。

◆中国移动(中国移動、China Mobile)

蜀咏悄 2.JPG

中国最大のキャリア。日本でいえばNTT docomoのようなキャリア。
3キャリアの中でiPhoneの正式な扱いが最も遅かったのもdocomoに似ている。
ただiPhone5以前の機種では4Gが使えないなどやや制限が多い。

◆中国联通(中国聯通、China Unicom)

蜀咏悄 1.JPG

中国2番手のキャリア。iPhoneの扱いが最も早かった点などが日本のSoftbankに似ている。
iPhone4Sでも使えるSIMが多く、制限は少ない印象を受ける。
3Gは世界標準規格を導入しており3キャリアの中でスピードは1番。

◆中国电信(中国電信、China Telecom)

蜀咏悄 4.JPG

中国の中で唯一CDMA方式を採用しているキャリア。日本でいえばau KDDIのようなキャリアといえる。
元々固定電話をメインにしていたキャリア。日本のiPhoneはSIMフリー版も含め使えない。
参考元:中国携帯電話キャリアの解説とSIMフリーiPhoneの対応状況【小龍茶館】

という訳で簡単に調べてみると、中国移動より中国联通の方が契約しやすい事が分かります。
実際に私が規約したのも中国联通でした。中国でiPhoneを使いたい方は中国联通をオススメします。

現在中国では携帯ショップが乱立しています。
中国联通も正規販売店と代理店があります。
正規販売店は上の写真のように大きな看板を出しています。
代理店はこんな感じです。

蜀咏悄 3.JPG

私は代理店で契約しましたが結構大変でした。
正規販売店の方が安心でスムーズだと思います。

2.iPhoneを見せ、外国人でも使えるSIMはあるか聞く

私はここが一番大変でした。
というのも店員が「最近中国ではSIMカードを売る時には中国国民の身分証が必要になった。パスポートでは買えない。」と言い張る。「じゃあどうすりゃいいの?」と聞くと、「中国人の友達に代理で買って貰え」と。んなアホな。そんな友達なかなか最初からいません。

そこで、一緒に行った友人が粘って交渉してくれました。
「なんか買えるSIM無い?困ってるんよー。」
すると、規制がかかる前(2年くらい前)のSIMカードを出してくれました。売れ残りや中古SIMカードだそうです。やっぱりあるじゃないか!

代理店だとこういう事が起こります。
ちなみに私は3軒回ってようやくSIMカードを見つけました。
正規販売店の場合もっとスムーズに契約できます。
いずれの場合もパスポートなどの身分証が必要です。

3.好きな番号を選ぶ

SIMカードがあれば、幾つか番号の書かれたSIMカードを見せてくれます。中国のSIMカードは自分で好きな番号を選べます。私も5つくらい見せてくれました。好きな番号を店員に伝えましょう。

4.お金を払う

契約手数料はありません。通話料はプリペイド式です。大体50元くらい払っておくといいでしょう。
最初に50元くらい払っておけば一ヶ月くらいは使えます。残り5元になるとお知らせメールで教えてくれます。
料金はタオバオや携帯ショップでチャージすることができます。

こうして全てのものが揃いました。iPhoneが使えるようになるまであと少しです!
ここからは簡単な作業です。

5.SIMトレイに解除アダプタを載せその上に購入したSIMカードを載せiPhoneに挿入する

6.電波を自動キャッチするまでしばらく待つ

7.画面左上の電波状況がSIMなし→検索中→圏外→の中国联通電波状況表示になる

※5から7の方法はアマゾン商品ページで写真付きで説明されています。

これで中国で使えるiPhoneの完成です!!
私もバッチリiPhone使えました。
通話もメールも大丈夫です。

image.jpg

注:さらにパケット通信が必要な場合は、APN設定が必要です。詳しくはSmartKingの公式ページをご覧ください。
またもしこの方法でうまくいかない場合は復元SIMカードを使った設定方法を試してみてください。
SmartKingの公式ページで紹介されています。

ちなみにこの方法はiPhone4より前の機種は対象外ですのでご注意を。
またこの方法で日本国内でiPhoneを使うことはできません。
また上記の方法は自己責任でお願いします。




いつも読んでくださりありがとうございます。

応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村
posted by がおみん at 19:43 | Comment(1) | TrackBack(0) | 中国お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。タイトルになびいてやって来ました。

SIMのハード下駄履かせる方法ですが、接点を摩耗する上に、引っかかるとそのままご臨終するので正直オススメしないです。iPhoneのキャリアごとの動作はりんご帝国の総本部が一括管理しているので、正規代理店経由で解除してもらうのが安全で安定します。

ただ、解除代がハゲバンクキャリアのiPhoneだと2万円近くかかるのでコスパが悪いですが。4とかなら破壊上等なんですが、5とか6だと怖いですよね…(苦笑)
Posted by パイナップル at 2015年01月06日 20:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

■ この記事を読んだ人はこちらの記事も見ています ■ ――――――――――――――――――――――――――――――――
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。